私たちは、戦争をしたいと思っていない

誰しも、自分や家族が戦争に巻き込まれることを歓迎しないだろう。
誰一人望まない戦争は、逆に人間の歴史からなくなった時代は皆無であると言っていい。
何故なのか?
人間は、そもそも、人を殺したいと思う動物ではない。
ただ、人は仲間と敵に分かれた時に、仲間を守ろうとする。
それが戦争勃発の原因と言っても過言ではないだろう。
あなたも、昨日まで仲の良かった隣人だとしても、突然自分を殺しにきたら、相手に「何故?」という疑問を投げかけ「やめろ」と言い、それでもやめなければ、可能な限り交戦するはずだ。
今、私たち人間の心の中に敵味方という考えを捨てる時代にきているのかもしれない。
この考えが人の心に根づかなければ、私達は常に緊迫した不安定な状態に置かれてしまう。
余談になるが、日本は国連の中でも第二次大戦を起こした戦犯国として、国連の理事会を通さずとも、叩いていい国である。
戦後70年、最近の世界事情に詳しくはないが、今でも日本は敵国として認識されている。
ある国では、自国を守ろうと武装し、自国の強さを誇示する。
人の心の中に敵がいる以上、戦争はなくならない。
私たちが先ずやれることは、知ることだと思う。
そして、世界の子供達に地球規模の統一感を持った教育をおこなうこと。
この銀河系から見ても、地球は美しい。
そして、小さい。image

このページの先頭へ