自己責任

最近、富にこの言葉を重く思うようになった。
今の自分の状態は、全て自分が引き起こしたこと。
それを受け入れなれなくしては、自己の成長も環境の改善にも繋がらない。
世の中、悪いことをしようとして生まれてきた人間など1人も存在しないのに、どうしてこんなにお互いのことを認め合えないのだろう。
其処に聞く多くの言葉は、相手の気持ちや感情を勝手に憶測したものや、自己卑下から生じるものである。
私は、私の自分勝手な言動によって生きているし生かされている。
とてもありがたいことだと思うし、
これ以外の生き方を望んではいけないとも思う。
天上天下唯我独尊。
この言葉の、本来の意味を読み解けば、其処に答えは、転がっている。
真実とは、人生とは、とてもシンプルに出来ているのだ。
誰に何を言われたとしても、私は私の道を行く。
グチグチネチネチまとわりつくものは、必要としない。

このページの先頭へ