やっとEdinburghな私です

毎日何やってるんだろうと思いながら、
日々は怒涛のように過ぎていくのでありまして。
弟からは「ももいろクローバーZ」さんの曲をダウンロードしろとせがまれ、
どうしても無理!
自分で買いなさい。
というところで終結。
でも先日お教えいただいた、日本ではメディアにはほぼ流出していない
「ベビーメタル」さん等の紹介をfacebookお友だちの清川様から受けまして、
こりゃ、、、、、、すごい。このニッチなツボは、当たってたり前だわ。
$ツボにはまっちゃった人たちを垣間見てしまいました。
そして、そこに興じる世界中の熱狂的な信者とも呼べる人々の嬉しさはじける感じが、この世の中、そんなに捨てたもんじゃないなと思うのでした。
閑話休題
いつの間にか私の渡航は、明後日になってしまっていて、
用意とか、してない。
まあ、今回泊まる宿は、いつも利用している系列だからあんな感じってわかるので、そこまで緊張もしてない。
しかもおばさまとの二人旅なので、
おばさまは、「美奈ちゃんの好きなところに行って。私は、ついていくだけだから」と仰るわけですわ。でもそのおばさまと一緒ということは、
飛行機は必然的にビジネスクラス。
エコの何倍やねん。とも思うけど、どうにかこーにか、お安く飛べる便を見繕って飛びます。6日の夜からね。
今回の目的地は、前回行ったイギリス南地方を舐めるように魔術街道を通りました。
その際に、聖剣伝説(エクスカリバー)の地である、アーサー王とマーリーンの洞窟を訪れました。今回は、彼らの足取りをさらに追い、
完全に王たる王になるアーサーズシートを目指します。
如何なる叡智をもたらしてくれるのか、
私の中に沸きおこらせてくれるのか。
なぜか最近になって急に体調も良くなったし。
(でも、車をポールにゆる〜っと擦りまして、ウギャっ傷が入ってる! となりましたが)。
でも、傷つくよりも汚れてる方がノイローゼ気味になってしまうことを考えると、よっぽど落ち着いたものです。
ちゃんとすぐに手当てしてあげて、はいどうぞ。汚くなければいいのよ。
魔術も似たようなところがあるかもしれない。
要は、目的が叶うことが大事なんであって、
その手段は、選ばない。
長くなったな。
で、
今回、絶対に外せないお店がございますのよ。
今までネット通販でも買おうとしてしまったほどなんだけど、
流石に送料と待つのが嫌だわ、と思ってたら、自分から行くことになりました。
もう一軒、本命があるのですが、こちらの方が、一般受けするかな。
ワイヤードショップこちらで仕入れてまいります。
ケルト文化にまみれつつ、魔術の世界にどっぷり漬かれる。
あー、幸せなり。
しかも往復計4本もビジネスクラスで、しかもいつもお世話になっている
Emirates様!! 飛行機から降りて、宿まで送ってくれるというこれまた安心なこと。もちろん帰りも迎えに来ていただけます。
次は、おそらく一人で訪れるであろうEdinburgh。
誰かいいお友達になれるかなぁ。
たくさんのお友達と素敵な方達と交流できることを楽しみにしつつ。

関連記事一覧

  1. ロスリンチャペル地下のマリア
  2. drops.jp
  3. drops.jp
PAGE TOP