2019/4/29

母の酒を書き続けることをやめたのには大きくあげると
2つの理由がある。
一つは、めんどくさくなったから。
一つは、母の酒が時間軸で構成されるとするなら、
もう一つの事項毎の内容の濃さという軸があって、
その部分を書き切れないというジレンマがあったからだ。
西山じいちゃんの話一つでも、思い出せないエピソードも含めれば、
100を下ることもないだろう。
それも一つ一つのコンテンツが持つ破壊力は、果てしない。

私の書いている文章からの感想でよく受けていたものに、
ある程度脚色とかしてあるんでしょう?
というものがあった。
そんなものは存在しない。
どれだけコンパクトにまとめるか、
その方に難儀していたのだから。
とかく私は疑われることが多い。
時には、存在すら疑われる。
相当怪しいらしいね。

関連記事一覧

  1. ロスリンチャペル地下のマリア
PAGE TOP