普通に生きる〜魔女日記〜

いつものごとく、いつまで続けられるのかもわからないけど、 とりあえずいつ死ぬのかもわからない人生なので、 書き続けてみることにした。

この場所では、過去ど迷惑にもかかわらず、自分のうつ状態を 書きたい心に任せて、公にしていたものを自分のWeb内ならば、 多少許されるだろうと思いながら書き綴るとりとめもない走り書き。

時にエピソードにもなるだろうし、 時に自分の自慢話になるのかなと想像しつつ、 それがどの方向に向かうかなんて気にもしてない。
ただ書きたいから書く。
それだけ。

「母の酒は」もう忘れ去られた化石のようになってしまったけれど、
全部保存してあります。
いつでも取り出せる状態にはしてある。

気弱なのか、いつものことなのか、

私の神経は、過敏且つ下に下に階段降りていく。
転けたら死ぬよと誰かの声が聞こえる。
全然平気だよ。 だって死ぬのなんて怖くないもんという声も聞こえてくる。
相変わらずの私が相変わらずの日常をただ記綴ります。

関連記事一覧

  1. ロスリンチャペル地下のマリア
PAGE TOP