永平寺について

永平寺で私が観なければならならなかったものが分かりました。

それは、全ての伝統ある所作には、細かなところまで意味があり、それに少しのブレが生じても、カッコワリーーーーってなること。

私は、個人的な見解ですが、亜種は自分と合わないようで、全て正統派を重んじる傾向にあります。

お坊さんが何度も細かく修正を入れられながら修行される姿に、我が身を正す思いです。

これから、よりしっかりとした軸を持つことを心に刻みます。

島添美奈子ソロール6-1

このページの先頭へ